読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球、背番号連番はどれだけ続くのか? セリーグ編。

前回の、
プロ野球、背番号連番は
どれだけ続くのか?パリーグ
に続いて、今回はセリーグ編です。
00、0、の順番、
永久欠番、準欠番の扱いは
パリーグ編と同じで行います。

カープ
小さい数字からの連番は、ひとつ。
0、の次の1が前田智徳選手の
準欠番扱いでした。
途中からの最長連番は
19~76、の58。
欠番の3、8、15を含んで、
1、18が使用されていたら、
0~76が連番になっていました。

ジャイアン
小さい数字からの連番は
00~28、の30。
1、3、4、14、16の欠番を
含んでいます。
29が使用されていたら、
欠番の34を含んで40まで
連番になっていました。

★タイガース
小さい数字からの連番は
00~3、の5。
途中からの最長連番は、
54~74、の21。
18、27が使用されていたら、
欠番の10、11、23を含んで
5~47まで連番になっていました。

ベイスターズ
小さい数字からの連番は
0~7、の8。
途中からの最長連番は
19~61、の43。
準欠番扱いの18が使用されていたら、
12~61が連番になっていました。

★スワローズ
小さい数字からの連番は
0~5、の6。
途中からの最長連番は
44~66、の23。

★ドラゴンズ
小さい数字からの連番は、
1~26。欠番の10、15を含みます。
途中からの最長連番は、
28~59の32。
山本昌投手の34、準欠番扱いに
しなかったんですね…。

セリーグは、カープ、タイガース、
ベイスターズが「18」が空き番号
でした。
ジャイアンツは、小さい数字に
永久欠番が多くあったので、
小さい数字からの連番が最長。
その次がドラゴンズ。
やっぱり、伝統の重みですね。
もう1つの伝統を持つ球団の
タイガースは、
4、と18が空き番号。
欠番が比較的小さい番号だっただけに
惜しかったです。

2回に渡って背番号を見てみました。
これからも、
「この番号は、あの選手。」
と言われる選手が、
たくさん出てきて欲しいです。