読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム序盤の送りバント、ええと思てる派です。

プロ野球の話題で、
たんまに耳にする、
「ゲーム序盤の送りバント」は
どうなんや…。
私は、「送ってもかまへんやん。」派
なんです。

「初回からバントなんかせんと、
ガンガン打っていかんかい…。」、
「ゲーム終盤なら判るけど、
初回から送りバントはないで~。」、
など、よく耳にします。
ファイターズ時代の小笠原道大さんは
バントをしない2番打者」やったし
今年のイーグルス
2番にペゲーロを起用して
ハマってます。

でも、私は「昭和の野球ファン」
なんやねんな~、やっぱり
2番はバントが旨い、
小技の出来る選手が
名を連ねてほしいねん。
ほんまに、これは偏見なんやけど
バントが旨い、小技が出来る、
は「野球を知ってる」って
勝手に思ってるところがあるねん。

でも、ゲームの初回は、
必ず「1番打者」から始まるやん。
出塁率が高い(出塁数が多い)打者が
イニングの先頭打者の初回は、
「点を取る」絶好のチャンスやと
思うねん。
本来の、「ホームに還る役目」として
出塁した1番打者を、
「ホームに還す役目」の中軸へ
繋いで行くためのバント、
かまへんと思うし、
相手投手の立ち上がりに、
スコアリングポジションに走者を
進めるのは、攻撃側には大事やと
思うんやけど。
ゲーム序盤やと、守備側は前進守備を
敷かへんかったり、セカンドゲッツー
を取りに行って、1点はしゃあない
守りをするんやけど、
ホームランの1点も、
内野ゴロ間の1点も、
1点は1点。
取れる時に点をしっかり取れるチーム
やないとアカンと思うねん。
ましてや立ち上がりの1点やし。
中継ぎ、セットアッパー、クローザー
がしっかり繋いで行く戦い方が
確立されてたら、
尚更「先取点」は大事やと思うねん。

イーグルスが標榜する「攻撃型打線」
も、もちろん有りで魅力抜群です。
「攻撃型打線」も、
「ゲーム序盤の送りバント」も、
どちらも有っていいと思うんです。
それこそ、
ホームランも1点、ですもんね。
「2番最強打者」があってもいいと
思てます。
細かい野球、豪快な野球、
どちらも存在して野球。
「細かい野球はおもろない」
かもしれへんけど、
送りバントを多用する野球」も、
有りやと思います。