読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイターズ横尾選手の、全力疾走。

4月20日、
東京ドームでの
ファイターズ対バファローズ戦。
9回裏ツーアウト、
ピッチャーゴロで最終打者となった
ファイターズ横尾選手は、
1塁まで全力疾走をしました。
カッコ良かったです。

チームは成績不振で下位に低迷、
怪我人続出の、苦しい戦いが続くなか
必死にプレーする姿、
無茶苦茶好感を持ちました。
横尾選手って、
京セラのバファローズ戦で、
コークのノーヒットノーラン
7回で止めましたよね。
いい働きしてますよね。
プロ野球なんやから、そんなんは
当たり前やんけ。」ってならないのが
おかしいところで。
昔、スワローズの石川投手が、
ジャイアンツ戦で、
大量リードの場面で1塁へ
全力疾走して、
ジャイアンツベンチから、
ヤジられた事、ありましたやん。
プロ野球は、そんなもん」なん?
この辺がね、
「野球離れ」の根底にある
問題やないんやろうか。
思いきり投げて、打って、
思いきり走る。
野球って、そうやろ?
試合時間短縮のために、
イニング間3分とか、
敬遠の申告制とか、
そんな事をするより、
直さんとアカン事、
他にあるやろ。
ほんまに頼むで、日本野球界。

ファイターズ横尾選手、
カッコ良かったです。
これからも、全力プレーを
期待してます。
頑張って下さいね。