読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーグルス、防御率4点台やのに~。

4月15日終了時の
プロ野球パリーグ
チーム別得点、失点、防御率
みてみました。

1位イーグルス
得点61、失点48、防御率4.10
2位バファローズ
得点68、失点46、防御率2.95
3位ライオンズ
得点43、失点31、防御率2.60
4位ホークス
得点50、失点54、防御率3.97
5位マリーンズ
得点36、失点56、防御率3.98
6位ファイターズ
得点30、失点57、防御率3.55

1位イーグルス防御率4点台は
12球団を見てもイーグルスだけ。
せやのに首位を走っています。
岸、則本のいない開幕カードを
3タテしたのが大きかったですね。
それと、7~9回の
「勝利の方程式」が早い段階で
固まりましたね。
「勝ちゲームの中でしか、
確立出来ない」方程式を、
見事に作りました。
打線の助っ人3枚を2番から並べる
攻撃型布陣も、機能しましたね。
下位の3球団が復調するまでに、
「Aクラス固め」を完成して
しまうかもしれないですね。
梨田監督3チーム目のVへ
好スタートやな~。

2位バファローズ
バファローズファンの私、
防御率がこの数字で、貯金が3。
競り合いのゲームに弱いんやわ。
しょうもない守りのミス、
バントの失敗、先頭打者の四球…。
ほんまに、細かいとこを今の内に
修正せんと、交流戦
置いていかれるで。


3位ライオンズ、岸の穴を
よう埋めてますよね。
辻イズム、チームに良く
浸透してる気がします。
森友哉のいない打線、ルーキー源田が
頑張っているうちに
秋山、メ匕ア、栗山の状態が
上がってきて欲しいところ。

4位ホークス
まさかの投手陣の不調…。
試合巧者だけに、
接戦に持ち込む戦いがしたいですね。
打線は、そろそろ目覚めてきそう
ですね。

5位マリーンズ打線が
なかなか得点出来ない。
投手陣も踏ん張り切れず、
波に乗れないですね。
でも、気が付けばAクラスを
射程距離に捕らえている
イメージがあるんですよ。
これからやね。

6位ファイターズ、
故障車続出も、チーム全体で
カバーするのが栗山監督。
怪我人が帰ってきて
巻き返しなるか?
チャンピオンチームの
戦いに注目ですね。

昨年のBクラスが上にいる
展開のパリーグ
「混パ」の熱い戦いを
期待しています。
頑張れ、パリーグ !