読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

両リーグ3割打者。

4月13日終了時の、
両リーグ3割打者を見てみました。

パリーグは、3割打者が11人。
早くも「投高打低」の様相か。
ホークス中村晃
ライオンズ秋山などが上がってきて、
10人+αで推移するんやろか。
ファイターズ近藤、
マリーンズ鈴木は
孤軍奮闘ですね。
イーグルスは、銀次、ペゲーロ、
茂木が3割。還る人と還す人が
3割をキープしているのが、
チーム状態の良さを表してます。
バファローズは、T-と駿太が3割。
下位打線へ向かう二人だけでは、
打線は繋がらんで。
上位打線が頑張らんと。
ライオンズは、浅村、中村が踏ん張っている間に、メ匕ア、秋山の調子が上がってくれば、ですね。
ホークス、打線がいつ目覚めるか。
ですね…。柳田、内川が
引っ張っている間に、
なんとかしたいですね。

続いてセリーグ、3割打者17人。
こちらは、「打高投低」か?
カープが5人。還る人と還す人が
揃って3割。そりゃ強いわ。
タイガースは4人、
還る人、還す人が3割打ってるから、
打線の状態は悪くないんとちゃうかな。
ジャイアンツ、試合巧者やから、
勝つやろうけど、打線はしんどいな。
マギーの状態待ちか。
スワローズ、ベイスターズは、
「打ってなんぼ」やから、
打線全体が、調子を上げてこんと。
ドラゴンズ、大島が孤軍奮闘。
ゲレーロ、どうした?

開幕して3週目、まだまだ相手投手の
出来次第で打率が大きく動く時期。
「4月好スタート」のためには、
やっぱり打線が引っ張って
いかんとアカン。
各チームの中軸打者たち、
爆発してチームを牽引してやってや。