読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WBC、正念場の2次ラウンド。

第4回WBC
1次ラウンドを1位通過の
侍ジャパン
今日から、
オランダ、キューバイスラエル
との2次ラウンド。

「楽勝」ではないけれど、
2次ラウンドを勝ち上がって
最終決戦の地、アメリカへ
行けると、私は思っています。

日本でのプールB、
韓国で行われたプールA、
現在メキシコとアメリカで開催中の
プールCと、プールD。
各国の戦いを観ていて、
「日本の投手陣、
結構やれるんとちゃうか。」
と思うんです。
各国、それぞれチームカラーが
あるので、ゲーム運びや
攻撃、守りの型が違う中で、
侍ジャパン日本代表の型って、
国際大会では、トップレベルなんや
ないかな~と感じています。
選手の状態さえ悪くなかったら、
チームがひとつになって戦った時は、
ドミニカ共和国
プエルトリコ
アメリカと
互角以上の戦いが出来ると
思っています。

せやから、2次ラウンドで
敗退する訳がない。
オランダ、キューバイスラエル
撃破して、アメリカへ行きましょう。
石川投手、菅野投手、則本投手、
(あるいは武田投手)のスターターが
ゲームを作ってくれれば、
3連勝で2次ラウンド通過は
間違いないと思っています。

テレビ番組で上原投手が、
侍ジャパンへのアドバイスとして
「上から目線で行ったいい。」と
話されてました。
もちろん、偉そうにせえよ、
って意味ではなくて、
それくらいの実力はあるんやで。
と思って戦って大丈夫やと
思ってます。
日本の野球の型を
しっかりとやれば、
世界一奪還、行けると思っています。
第1回から、
優勝、優勝、ベスト4、ですから。

打線はきっちりと繋いで行く。
「自己犠牲」の意識が、
重みを、大切さを増してくる
2次ラウンド。
投手陣、一人一殺でも、
どんどん行くつもりで、
投げ抜いて欲しい。

最終決戦の地、
アメリカへ渡るために、
2次ラウンドの3試合、
白星で飾りましょう。
信じてるで、小久保監督 !!
信じてるで、侍ジャパン !!