読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

侍ジャパン投手陣、信じてるで !!

3月3日の強化試合のタイガース戦、
4対2で敗れた侍ジャパン

7人で繋いだ投手陣、
先発武田の不調もあり、
7人で8イニングを131球。
被安打8、四球2。
イニング平均16.9球。
先発武田が58球。
やっぱり国際大会は、
先に点を与えてしまうと、
気が付いたら「もう6回やんか。」
みたいなパターン、
ほんまにようあるねん。
先取点は、絶対に取られたらアカン !!

そしてリリーフ陣。
松井裕樹の18球、
秋吉の12球、もったいなかった。
松井裕樹は、1安打に、ツーアウト
からの四球。
秋吉は、岡田をリリーフした初球を
安打されて、ツーアウトから2本目の
安打を喰らってしまった。
リリーフ陣、特に終盤は
不用意な球、
ツーアウトからの安打、四死球
絶対にアカンで。

嶋選手離脱の可能性が高まり、
大谷選手、嶋選手と、
投手陣、捕手陣の主軸を欠いて
挑む事になってしまった
第4回WBC大会。
スターター予定の4投手、
ブルペン待機の9投手、
持てる力を全て発揮して、
全試合完封するくらいの
勢いで戦い抜いて欲しい。

絶対に、先取点を与えたらアカン !!