読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内所属メンバーで、頑張ろうぜ。

第4回WBC出場メンバー、
ほぼ固まり、残り2枠となる。
投手陣は、メジャーリーグ所属投手の
出場が叶わない状況で、
国内球団所属メンバーのみとなる
可能性が高くなってしもうた。
誰か一人でも出てくれたら、
と期待していたんですが、
やっぱり難しいんか~。

国内球団球団所属メンバー
だけでは不安がいっぱい、
と言う訳ではないです。
ただ、ロースコアの戦いに
なるであろう国際大会では、
「守りの時間」を短くして
ゲームのリズムを作っていかんと
アカンと思うねん。
野球は、他のスポーツと違って
「攻撃と守備」がはっきりと
しているから、
「守り」の時間は、短かくせな、
と感じています。
そのためには、マエケンや、マー君
岩隈投手、上原投手、田沢投手、
誰か一人でも居ってくれたら、
よりきっちりと戦えたのに…。
ほんまに残念。

こうなったら、国内球団所属メンバー
で、しっかりと戦いましょう。
大谷選手の「二刀流」、国際大会で
世界を驚かせて欲しいねんけれど、
投打のフル活動は困難かなと
感じているので、
大谷選手は大会途中から
打者専念と想定しておきましょう。
選出決定、選出予想メンバーの
具体的な持ち場は、
決定していないのかもしれないですが
「ゲームの山場」では、
「一人一殺」で繋いでいいと思う。
宮西投手、(予想メンバーの)森福投手
には、フル回転して欲しい。

投手枠、残り2枠と報道されていますが、「最高の投手陣」で
第4回WBC、てっぺんとったるで !
頑張れ、侍ジャパン !