読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「一人野球観戦」、大丈夫です。

大阪ABC朝日放送ラジオの、
「サクサク土曜日 中邨雄二です。」
の中で、
「一人映画鑑賞」派ですか、
というのが話題になっていました。
パーソナリティーである
中邨雄二アナウンサー
(1996年、夏の甲子園決勝の
「奇跡のバッグホーム」を
実況されています。)と、
アシスタントの林智美さんは、
どちらも「一人映画鑑賞」OK派。
私も、「一人映画」は
OK派なんですが、ふと、
「一人野球観戦」となると、
一般の方はどうなのかな…。
と考えてしまいました。

私は、中学校に上がる春休みの
オープン戦から、「一人野球観戦」
に行き始めました。
当時は、西宮球場大阪球場
日生球場甲子園球場
藤井寺球場は、距離的に子ども
一人では無理でした。)と
4つのプロ野球開催球場がありましたので、時間と小遣いに余裕があれば、
行っていました。

「一人で観に行って、おもろいか?」
って、同級生や、会社の先輩に
言われた事が何度もありましたけれど
「野球好き」は、一人で行っても
全然苦ではないんです。
高校1年の時に一人観戦をした、大阪球場での
近鉄対広島の日本シリーズ第6戦、
(江夏の21球の前日ですね。)
広島球場3連敗の時に、
カープ応援団が3塁側まではみ出してくるぐらいの勢いを味わった
バファローズ応援団。
第6戦では、バファローズ応援団が
3塁側まではみ出していました。
すり鉢状の大阪球場
バファローズ応援団の歓声が地響き
のように外野席に伝わってきたのを
覚えています。

今日の「サクサク土曜日」の
「一人映画鑑賞」の話題の中で
中邨雄二アナウンサーが、
名探偵コナンを観に行ったら、
「コナンと向き合いたいから。」。
と話されていました。
私の「一人野球観戦」も、
そんな感じです。
内野席に座る時は、スコアーブック
持参で観戦したりしますが、
ゲームに入り込んで行くので、
「ベンチに残っている野手は、
○○と○○と…。」と考えたりしていました。西宮球場は、1塁側ベンチ
の上に、ベンチ入り選手の名前ボードがあって、試合に出るとひっくり返し
になるので、誰が残っているのかが
解るようになっていました。
アナログなサービスやったけれど、
結構役に立っていました。
それと、今は投球数がスコアーボード
に出ますけれど、昔は出なかったので
(電光掲示板でないから)、
スコアーブックをつけていると、
後のおっちゃんが、
「今、タマカズなんぼや。」と聞いて
きはりました。教えてあげると、
次のイニングの合間に、コーラを
買ってきてくれたり。
近鉄対広島の日本シリーズの時は、
ラジオを聞きながら観戦していたら、
中2日で先発のバファローズ井本の
調子について、「ラジオの解説は
どない言うとる?」と、後のおっちゃん(やっぱり、なぜか後でした。)が
聞いてきたりしました。
昔は、「一人野球観戦」の方って、
たくさんいてはったと思います。

スコアーブックをつけながら、
「一人野球観戦」、
なかなか良いけどな~。
回りの人には、
「何が楽しいねん?」って、
やっぱり、言われるんかな…。
でも、迷惑をかけていないから、
いいですよね。