読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーグルス、防御率4点台やのに~。

4月15日終了時の
プロ野球パリーグ
チーム別得点、失点、防御率
みてみました。

1位イーグルス
得点61、失点48、防御率4.10
2位バファローズ
得点68、失点46、防御率2.95
3位ライオンズ
得点43、失点31、防御率2.60
4位ホークス
得点50、失点54、防御率3.97
5位マリーンズ
得点36、失点56、防御率3.98
6位ファイターズ
得点30、失点57、防御率3.55

1位イーグルス防御率4点台は
12球団を見てもイーグルスだけ。
せやのに首位を走っています。
岸、則本のいない開幕カードを
3タテしたのが大きかったですね。
それと、7~9回の
「勝利の方程式」が早い段階で
固まりましたね。
「勝ちゲームの中でしか、
確立出来ない」方程式を、
見事に作りました。
打線の助っ人3枚を2番から並べる
攻撃型布陣も、機能しましたね。
下位の3球団が復調するまでに、
「Aクラス固め」を完成して
しまうかもしれないですね。
梨田監督3チーム目のVへ
好スタートやな~。

2位バファローズ
バファローズファンの私、
防御率がこの数字で、貯金が3。
競り合いのゲームに弱いんやわ。
しょうもない守りのミス、
バントの失敗、先頭打者の四球…。
ほんまに、細かいとこを今の内に
修正せんと、交流戦
置いていかれるで。


3位ライオンズ、岸の穴を
よう埋めてますよね。
辻イズム、チームに良く
浸透してる気がします。
森友哉のいない打線、ルーキー源田が
頑張っているうちに
秋山、メ匕ア、栗山の状態が
上がってきて欲しいところ。

4位ホークス
まさかの投手陣の不調…。
試合巧者だけに、
接戦に持ち込む戦いがしたいですね。
打線は、そろそろ目覚めてきそう
ですね。

5位マリーンズ打線が
なかなか得点出来ない。
投手陣も踏ん張り切れず、
波に乗れないですね。
でも、気が付けばAクラスを
射程距離に捕らえている
イメージがあるんですよ。
これからやね。

6位ファイターズ、
故障車続出も、チーム全体で
カバーするのが栗山監督。
怪我人が帰ってきて
巻き返しなるか?
チャンピオンチームの
戦いに注目ですね。

昨年のBクラスが上にいる
展開のパリーグ
「混パ」の熱い戦いを
期待しています。
頑張れ、パリーグ !

タイブレーク制、私は「いやや」派です。

4月15日、
朝日新聞スポーツ欄に
タイブレーク 疑問・問題点は」
の記事がありました。
編集委員の、安藤嘉浩さんが
担当されておられました。

日本高校野球連盟は3年前から
投手の肩、ひじに過度な負担を
かけない試合のあり方を
再議論してきて、
検証してきたのが、
再試合をさせない、
延長13回以降のタイブレーク制。

夏の選手権主催者の一員としては、
この方法が妥当と思う。
一方、一人の野球ファン、
元高校球児としては、
作為的に試合を動かすことに
抵抗を感じてしまう。と
安藤さんは述べておられます。

ただの野球ファンでしかない私ですが
「作為的に試合を動かす。」という
所が、タイブレーク制に
「しっくりせんな~。」と思う部分
なんです。
13回の表裏、どちらも
ノーアウト1、2塁では始めるから
平等やろ、ではないと感じています。
ノーアウトランナー無しから始まって
先頭打者に出塁を許し、次打者も
出塁させてしまう。
この間のピッチャーのメンタル面の
動揺、また、自分の前、二人の打者が
繋いで回ってきた
ノーアウト1、2塁の場面の
打者のメンタル部分。
そんなこんなをひっくるめての
「延長13回」の攻撃やろ。
メジャーリーグで、今年から
採用の「敬遠申告制」も、
敬遠の4球が投じられる間の
ネクストサークルにいる次打者の
メンタル面の動きを考えたら、
「どうなんやろう~。」と
感じてしまうねん。
敬遠する投手、目の前で歩かされた
次打者、両者の勝負は、
敬遠の4球を投げるところから
始まってるのに。
「作為的に試合を動かす」って、
やってしまったら、
今までの試合の流れと
繋がらん試合が始まるような
気がして(ちょっと大げさかな…)
しゃあないねん。

タイブレーク制があった
今回のWBC
これから、タイブレーク制が
主流になっていくんかな…。
昭和の野球ファンには、
ほんまに、
しっくりけえへんな~。
が正直な感想なんです。
「作為的に試合を動かす」ことは、
避けられへんかな~。

1週間遅れで、ドカベンドリームトーナメントねた、行きます。

週に1度の
ドカベンドリームトーナメントねた、先週分をやってなかったので、
1週間遅れで、やります。

1点先制した京都は、
なお2死満塁でトップの大楽。
「12時間睡眠ですごい事が起きる」
と、えーじに時間をかせがせて、
睡眠を取った大楽。
ここで1発が出ようもんなら、
球道の出来を考えるとゲームが
決まってしまう…。

山田は、1発しか頭にない大楽に
対して、初球、2球目と、
ボール球でファールを打たせました。
でも、少しのコントロール
許されない状況で、
左右投げのわびすけ、
抜群のコントロールやん。
そして3球目、
山田のサインに動揺するわびすけ
を見て、「表情に出すな。」と
注意する山田。
打つ気満々の大楽に投じた3球目は
110キロのど真ん中ストレート。
タイミングが会わず、
大楽は空振り三振。
「俺の独特のチェンジアッブだ。」と
呟くわびすけを見て、
「遅いストレートがおじきした。」と
山田が心のなかで呟く。
大楽も、「あれがプロが投げる
ストレートか!!」と叫ぶ。
みんな、わびすけのチェンジアッブを
認めてあげて。
2死満塁の大ピンチを
切り抜けたんやから。

2回表終了で京都が1点先制。
中西球道が投げている間は、
打撃戦にはならへんやろうから、
序盤戦はこのまま進むんかな…。
流れが変わるとしたら、
5回くらいかな。
山田太郎ラストゲーム
ドリームメンバー、
早く出てきて、最後のゲームを
盛り上げてくれるんを
楽しみにしてるねん。
頼むわ、出てきて、「あぶさん」!!
登場、待ってます。

両リーグ3割打者。

4月13日終了時の、
両リーグ3割打者を見てみました。

パリーグは、3割打者が11人。
早くも「投高打低」の様相か。
ホークス中村晃
ライオンズ秋山などが上がってきて、
10人+αで推移するんやろか。
ファイターズ近藤、
マリーンズ鈴木は
孤軍奮闘ですね。
イーグルスは、銀次、ペゲーロ、
茂木が3割。還る人と還す人が
3割をキープしているのが、
チーム状態の良さを表してます。
バファローズは、T-と駿太が3割。
下位打線へ向かう二人だけでは、
打線は繋がらんで。
上位打線が頑張らんと。
ライオンズは、浅村、中村が踏ん張っている間に、メ匕ア、秋山の調子が上がってくれば、ですね。
ホークス、打線がいつ目覚めるか。
ですね…。柳田、内川が
引っ張っている間に、
なんとかしたいですね。

続いてセリーグ、3割打者17人。
こちらは、「打高投低」か?
カープが5人。還る人と還す人が
揃って3割。そりゃ強いわ。
タイガースは4人、
還る人、還す人が3割打ってるから、
打線の状態は悪くないんとちゃうかな。
ジャイアンツ、試合巧者やから、
勝つやろうけど、打線はしんどいな。
マギーの状態待ちか。
スワローズ、ベイスターズは、
「打ってなんぼ」やから、
打線全体が、調子を上げてこんと。
ドラゴンズ、大島が孤軍奮闘。
ゲレーロ、どうした?

開幕して3週目、まだまだ相手投手の
出来次第で打率が大きく動く時期。
「4月好スタート」のためには、
やっぱり打線が引っ張って
いかんとアカン。
各チームの中軸打者たち、
爆発してチームを牽引してやってや。

京セラドーム、観客少ないわ…。

先日、バファローズファンが0.9%
の話題を見てから、
バファローズ戦の観客動員が
気になって仕方がないので、
今日も観客数を比べてみました。

4月11日パリーグ
札幌ドーム 29249人。
京セラドーム 15281人。
セリーグ
東京ドーム 41694人。

4月12日パリーグ
札幌ドーム 25881人。
Koboパーク宮城 20329人。
京セラドーム 16328人。
セリーグ
東京ドーム 41730人。
神宮 17686人。
横浜スタジアム 27277人。

パリーグ、京セラの観客数、
やっぱり少な過ぎやわ。
関西在住のオリックスファンやから、
余計にそう思うんやけど、
ほんまに客入らんねん。
35000人ぐらいの器やったら、
あそこまでガラガラ感は
でえへんかもしれへんけど、
上段席まであるからな…。
ほんまに客入らん。
内野の指定席エリア、
ガラガラやもんな~。
久しぶりに開幕好スタートの
今シーズン、いいゲームをして
徐々に観客が増えていくのを
期待してるで。
平日、せめて20000人は
入ってもらえるように
頑張ってや。

ファイターズ、故障者続出やけど、
札幌のファンは、ほんまに
いいファンですよね。
応援が力になってる感じするもんな。
チーム状態も上がってきそうですね。

イーグルス
Koboパークに行った事がないんですが
テレビで観ている感じは、
ファイターズと同様に
熱い応援ですよね。
ロケットスタートの今シーズン、
パリーグを引っ張っていく存在に
なるために、スタジアムと一体に
なった闘いを期待していますよ。

今日のゲームが終わると、
明日からのカードで、
対戦相手は一回り。
週末に向かって、
盛り上がっていくように、
「エキサイティングリーグ パ !!」
の真髄を見せてくれる事を
期待してるで。

ファンの少ない3球団、頑張りましょう。

先日、三井広報委員会
「応援しているプロ野球チーム」を
アンケート調査したとのニュース。

オリックスファンの私、
バファローズが最下位なのは
予想していたんやけど、
まさか0.9%とは思わんかった。
100人に1人おれへん…。
NPBに所属するチームとして
どうなんや、この数字。
やっぱり勝たんとアカン、
ちゅう事か。
バファローズの次に低いのが
マリーンズの1.6%。
マリーンズの上が
ライオンズの1.7%。

ホークス、ファイターズ、
イーグルスは、その地域に
セリーグ球団が存在しないんやけど、
関西圏はタイガース、
関東圏はジャイアンツ、ベイスターズ
スワローズが存在するから、
「どこのファンですか?」と
なると、
ライオンズ、マリーンズ、
バファローズセリーグ
食われてしまうな~。

南海、阪急、近鉄
優勝争いをしとっても、
プロ野球を観たら、
「座席が野球を観ている。」状態
やったからな…。
強くなっても、もしかしたら
ファンは増えへんかもしれへん。
でも、弱いよりは
強くないとアカン。
プロ野球やからね。
パリーグが熱い闘いを
繰り広げていけば、
ファンは増えるはず。
「This is プロ野球」の
プレーを観せましょう。
「熱バ」を起こしましょう。

今日は、バファローズ
マリーンズ、イーグルス
ホームゲーム。
T-G戦を喰ってしまうぐらいの
好ゲーム、
期待してるで!!

頑張れ、パリーグ!!

メットライフとほっともっとで、3万9千人。

4月7日、パリーグは2試合でした。
ほっともっとフィールド神戸
18.706人。
メットライフドームが
12.242人。
7日夜のプロ野球ニュースで、
昨年の同時期と比べて、
「1試合平均の観客動員は増加。」と
言うてたけど、
やっぱりパリーグは苦戦してるわ。

昨日は、関西地区は雨模様で、
ほっともっと開催やから、
神戸は客少ないやろうな…。
甲子園でT-G戦もあるから、
観客は2万に届かへんかな~と
思ってたんやけど、1万8千。
よう入ったほうやと思てます。

関東地区唯一の開催となった
メットライフドームは、
1万2千人。平日デーゲーム開催より
観客が減ってるけど、
春先の平日ナイターは、
どうしても観客少ないですよね。
パリーグの2カードを足して、
マツダスタジアムと変わらんし…。

でも、リーグ一丸となって、
魅力あるゲーム、
「さすがプロ野球」と唸るような
プレーで、観客動員が増えるように
好ゲームをどんどんやってや。
関西パリーグ党芸人座談会で、
いつもやる、
「エキサイティングリ~グ パ !」。
復活させて、流してくれへんかな…。
まさに、「エキサイティングリーグ
にならんとアカンで。

9月いっぱい、熱い闘いを繰り広げて
ファンがスタジアムを梅尽くす展開を
期待してるで!!

今日はパリーグも3カード。
盛り上がるゲーム、観せてや。