読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

助っ人の内訳は、投手3人、野手1人がいいのか

プロ野球、優勝を狙うたもには
欠かせない存在なのが
外国人助っ人。

昔は出場選手登録は2人だったのか、
3人になり、現在は4人。
ただし、4人の組合せは
野手3人、投手1人、
野手2人、投手2人、
野手1人、投手3人、
でないとダメ。
そりゃそうやな、
投手4人が全員先発ローテやったり、野手4人がスタメンやったら
ポジションの半分が助っ人やもんな。

昔、助っ人2人の頃は、
野手2人が圧倒的に多かったと思う。
日本人野手の打力と
比べもんにならへん打力が魅力で、
助っ人の打力がチームの結果に
直結してたもん。
その後、3人になった時は、
野手2人、投手1人の組合せが
投手2人、野手1人の組合せより
多かったイメージ。
投手は、先発要因で、
「先発は1週間に1回しか投げへん」
から、それやったら、
野手を取って毎試合出てくれたほうが
戦力アップやもんな。
って、解説者も言うてたし。

そして、現在の助っ人4人時代。
野手3人、投手1人は、
指名打者が使えるパリーグ
よく採用しますね。
今年のイーグルスが3人並べてるし、
ローズ、カブレララロッカの頃の
バファローズや、
2002年の日本シリーズ
ライオンズが
マクレーン、カブレラ、エバンスを
スタメンに並べてましたね。
とは言え、
打者は「日本の投手に適応するか」が
ポイントになるから、
3人スタメンに並べらる打力の野手か
集まるのは、なかなかやわ。

指名打者のないセリーグは、
なかなか野手3人をスタメンに並べる
のは難しいから、
投手3人、野手1人が
使い勝手がええんかな…。
ましてや最近の投手分業制で、
短いイニングのパワーピッチャーは
魅力あるから、
先発1人、ブルペン陣2人、
がバランスがええな~。
ジャイアンツやタイガース、
スワローズの3投手、
昨年のカープ、ファイターズの3投手
もええ働きやったもんな。

投手分業制がキッチリ出来ているか
どうかが大きな鍵を握っている
現在、「投手3人、野手1人」が
主流になりつつあるんやね。
私自身は、野手2人で、
1人が足のある野手、
もう1人が長距離砲、
の組合せが好きなんやけどな。

プロ野球ニュースの「Play of the day」。

CS放送プロ野球ニュース
全試合の結果を伝えて終わってから
放送される、
「今日のファインプレー」と、
「Play of the day」
のコーナー。

嫌いではないんやけど、
「今日のファインプレー」だけでも
ええんとちゃうかな~。
って思う時があります。

ファインプレーは、ファインプレー
で、どれもこれもええプレーやから、
別に、「今日が一番」を決めんでも。
それに、堅実な守備をする、
「地味」とも思える選手の
「守備力」に気がつかへんかったり
せえへんやろか…。
もう1つ思うんは、
「なんでそこにおんねん?」みたいな
ポジショニングや、
絶妙なサインプレーの牽制球とかも
「ベストプレー」として、
取り上げてる事でけへんかな。

「今日のホームラン」は、
正直、流れる順番で優劣を
付けている感はあるけれど、
「Homerun of the day」は、
ないですよね。
それやったら、
「今日のファインプレー」で
集めたもんの中から、
その日の一番を決めんでも…。

そんな風に思うんは、
私だけやろかな…。

規定投球回数到達のピッチャー。

4月22日終了時の
両リーグ規定投球回数到達の
投手の数が、
パリーグは12人、
セリーグは、パリーグより
10人多い22人。

パリーグは、
ドーム球場を本拠地にするチームが
4球団あるので、日程を余裕をもって
組めるので、
ローテーションもセリーグより
少し余裕が出て、
「ええピッチャー」を優先に
投げさせられるんやろうな。

となると、下位に低迷すると、
相手投手が「ローテーションの谷間」
になる事が少ない、
いつも「ええピッチャー」に
当たってしまうから、
なかなか大型連勝がでけへんように
なってまう。

ファイターズ、マリーンズは、
早めにチーム状態を立て直さんと、
ほんまに置いていかれるかも…。

交流戦までが、ひとつの目安に
なりそうな気がします。
「混パ」に持ち込むために、
ファイターズ、マリーンズ、
踏ん張りどころですね。

2死満塁で打席に岩鬼。

週に1度の
ドカベンドリームトーナメントネタ、
行きます。

ドリームトーナメント決勝戦
東京対京都。
2回裏、京都に1点を先制された
東京はその裏、
義経の足で作った1、2塁のチャンス
も連続三振でツーアウト。
ここでピッチャーわびすけの代打に
「小岩鬼」こと桜木を起用した
土井垣監督。勝負はまだ先と読んだ
んですね、でも相手は中西球道。
早く追いついておいたほうがいいと
思ったんやけど。
代打桜木、初球ストレートの見逃し方
を見る限り、打てそうにない様子。
そして2球目のストレートを
なんとかバットに当てて
詰まった三塁ゴロ。
サード微笑三太郎が捕って
三塁へベースタッチに行くが
義経の足が早く、3塁はセーフ。
このイニングは、義経の足に
ことごとくやられている京都。
球道、打たれた気がせんやろうに。

東京は2死満塁のチャンスに
トップに還って岩鬼が打席に。
いつもなら、派手なパフォーマンスで
打席に向かうが、
この打席は「静か」に打席へ。
球道の気合いの入った初球、
162㎞が出ましたが、
悪球です。
「待ってました!!」と喜ぶ東京側、
しかし…余りの球速にさすがの岩鬼
避けきれず、バットも出せず、
デッドボールになりました。
ベンチで土井垣監督は、
デッドボールに不満顔です。
「せっかくの悪球やったのに…。」
みたいな感じですね。

でも、同点に追い付いて
打席は殿馬
殿馬にとってもラストゲーム
最後の「秘打」を披露するか…。
ブルーウェーブ時代、
イチロー選手と1、2番を
組んでいた殿馬
ドリームトーナメントに
なってからは、
カープ戦の水原勇気との対戦が
あったけど、
あんまり殿馬らしさが出てない
気がしてます。
中西球道相手に、殿馬らしさを
見せて欲しいですね。

私の予想に反して、
2回裏で同点に成る展開。
これは、「無制限延長」になって
長いゲームになりそうな気が
してきました。
山田太郎ラストゲーム
たっぷりと楽しみましょう。

ファイターズ横尾選手の、全力疾走。

4月20日、
東京ドームでの
ファイターズ対バファローズ戦。
9回裏ツーアウト、
ピッチャーゴロで最終打者となった
ファイターズ横尾選手は、
1塁まで全力疾走をしました。
カッコ良かったです。

チームは成績不振で下位に低迷、
怪我人続出の、苦しい戦いが続くなか
必死にプレーする姿、
無茶苦茶好感を持ちました。
横尾選手って、
京セラのバファローズ戦で、
コークのノーヒットノーラン
7回で止めましたよね。
いい働きしてますよね。
プロ野球なんやから、そんなんは
当たり前やんけ。」ってならないのが
おかしいところで。
昔、スワローズの石川投手が、
ジャイアンツ戦で、
大量リードの場面で1塁へ
全力疾走して、
ジャイアンツベンチから、
ヤジられた事、ありましたやん。
プロ野球は、そんなもん」なん?
この辺がね、
「野球離れ」の根底にある
問題やないんやろうか。
思いきり投げて、打って、
思いきり走る。
野球って、そうやろ?
試合時間短縮のために、
イニング間3分とか、
敬遠の申告制とか、
そんな事をするより、
直さんとアカン事、
他にあるやろ。
ほんまに頼むで、日本野球界。

ファイターズ横尾選手、
カッコ良かったです。
これからも、全力プレーを
期待してます。
頑張って下さいね。

ライオンズが、地元埼玉でプロジェクト発足を発表。

20日、埼玉西武ライオンズ
女子プロ野球アストライア、
独立リーグBC武蔵ヒートベアーズ
戸田中央総合病院
女子ソフトボール部との連携事業、
「PLAYーBALL 埼玉」の
発足を発表。

野球人口の低迷が叫ばれている中、
少しでも野球に興味を
持ってもらえるようになれば
少しでも野球を楽しむ少年、少女が
増えていけば、と思います。

昭和世代の私、ついつい昔の事を
思い出して。
私が子どもの頃は、
男の子の家には
必ずと言っていいほどグローブが
あって、学校が終わったら
空き地に集まって野球を
してました。
でも今は、
空き地はないわ、グローブはないわ、
それに野球を好きな子どもが
減ってるし‥。

プロジェクトによって、
「野球好き」な人がどんどん増えて、
野球界がもっともっと
盛り上がっていくように
なって欲しいです。
野球界の裾野が
どんどん広がっていって、
「野球好き」の輪が
大きくなっていく事を
期待してます。

本塁打数、被本塁打数、盗塁数

4月19日終了時の、
プロ野球各チームの
本塁打数、被本塁打数、盗塁数を
見てみました。
まずはパリーグから。

イーグルス
本塁打13、被本塁打15、盗塁4。
バファローズ
本塁打13、被本塁打7、盗塁4。
ライオンズ
本塁打11、被本塁打13、盗塁7。
ホークス
本塁打11、被本塁打10、盗塁11
マリーンズ
本塁打5、被本塁打10、盗塁1。
ファイターズ
本塁打11、被本塁打9、盗塁7。

続いてセリーグ
カープ
本塁打12、被本塁打8、盗塁17。
ジャイアン
本塁打10、被本塁打14、盗塁7。
タイガース
本塁打9、被本塁打6、盗塁8。
ベイスターズ
本塁打7、被本塁打9、盗塁9。
スワローズ
本塁打8、被本塁打8、盗塁6。
ドラゴンズ
本塁打7、被本塁打8、盗塁11

パリーグイーグルス
打順の構成上、なかなか走られへん
やろうから、1~5番まで、
ガンガン打っていくのがチームカラー
ですね。
バファローズは、結局糸井の盗塁数を
打線でカバーするしか無さそうやな、
ガンガン打って勝つしかないんやね。
ライオンズ、ホークスは、
もっと走ってきそうやけど、
どうした、マリーンズ。
状態を立て直して、
機動力を押し出してきてや。
こんなもんじゃ、ないでしょう。
ファイターズ、怪我人が復帰したら、
チーム状態も上がってくるでしょう。
若手、チャンスで臆せずにプレー
して欲しいですね。

続いてセリーグ
カープ、よう走りはります。
さすがです。
ジャイアンツ、
走るメンバーが増えてきたら
どんどん走ってきそうです。
元々、試合巧者やからな~。
タイガース
もっと走りたいんやけど、
って感じですね。
ベイスターズ
打線の調子が上がってこないから、
どんどん走らんと。
スワローズも、
どんどん走らんと。
打線、なかなか打たへんから。
ドラゴンズ
機動力を全面に押し出して
攻撃にリズムを作って行きたいですね。

「打線はミズモノ」って言われて
「足にはスランプがない」って
言いますよね。
カープは、「打って、走って」やから
大丈夫って事で、
イーグルスバファローズ
「打線はミズモノ」にハマってまうと
走る攻撃がないので、
苦しくなる、と言う事になりますね。
盗塁だけが「機動力」ではないですが
「走る野球」が出来るチームが
ペナントレースから、
クライマックスシリーズ
いい戦いが出来るんでは、
と思てます。
「走る野球」、やれるか…。